\サトウ画材の歴史/

 

銀座写真

 先代オーナー佐藤友太郎が信画堂、文化堂を経て…

おじいちゃん

1953年  東京芸大の学生だった馬場彬さんとの出会いをきっかけに長年の夢でもあった画廊開設したいと独立

1955年 41日 銀座に 馬場彬さんをマネージャーに現代美術専門の貸し画廊      『サトウ画廊』開設(4.1-4.9 評論家瀬木慎一さんの協力により[靉光遺作展]でオープン)同時に飯野信夫さんと画材販売スタート

1955年 101日 『サトウ画廊月報』創刊(196878月合併号136号まで発行。)      (現在サトウ画材でコピーは読めます。1-136号まで国立国会図書館蔵書あり)

1971年 『サトウ画廊』とは別に『サトウ画材』として正式に画材/額縁販売店開始

1981年 46-15日『馬場彬展』 開廊 26年間で約700人の美術家が展覧会を開催しました。

1991年 千葉市美術館に『サトウ画廊コレクション』407点寄贈する      

(『サトウ画廊』で展覧会を開催された作家さんたちのほとんどが展覧会終了後に      小品を画廊に贈っていただいき結果として手許には400点以上の作品が集まることとなったのです。)

2001年 99-1014日 秋田県立近代美術館にて『馬場彬とサトウ画廊の画家たち 戦後美術の断面』開催

2004年 3月 銀座7丁目の店舗閉鎖   

    5月 深川 森下に移転 

2006年 1211-2007114日千葉市美術館にて『サトウ画廊 1955-81~若く、熱い日々~』開催

2009年 1215-26日千葉市美術館にて「サトウ画廊コレクション~現代版画の魅力」開催 

 

オリジナル版画